ケール青汁の栄養と効果・効能についての説明

文字サイズの変更
標準
フリーダイアル0120-361-366 土・日・祝日を除く9時~17時30分

青汁の栄養と効果・効能について


青汁とは何か

生搾り青汁

青汁とは戦時中の栄養不足を補うため、野菜をたくさん取る方法として考えられたのが始まりと言われています。
生の野菜の栄養素を体の負担が少なく、効率的に取る事が出来るため、病気の治療等に取り入れている医院もあります。
今では青汁=健康とイメージするほどメジャーな存在になっています。
野菜不足が病気の原因となる事は周知の事実です。
しかし忙しい現代人にとって野菜不足は年々深刻になっています。
今、全国で青汁の売上高が年々増えていっている背景として、手軽に野菜を取れる青汁を食事に組みこむことで野菜不足解消をしている方が増えていると考えられます。


青汁の原料のケールについて

青汁の原料として使われている葉は、ケール、大麦若葉、明日葉など栄養価が高いものが使われる事が多いです。
ベルファームの青汁では自社農場で無農薬栽培しているケールを使用しています。
ケールとは地中海原産のアブラナ科の植物でキャベツの仲間です。
ケールは、栄養価は非常に高く「野菜の王様」と呼ばれています。
ビタミンA、ビタミンCはもちろん、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、葉酸、タンパク質が豊富に含まれていて、抗酸化物質のルテインも含まれています。
ただし、繊維が固く多量に食べるのは大変な為、搾って飲める青汁の原料としては最適な野菜です。


ケールの栄養と効果効能について

ケール葉

ケールに含まれるビタミンA(βカロテン)は人参の約2倍といわれています。
ビタミンAは目の健康維持や皮膚や粘膜を丈夫にする働きに、抗酸化作用があります。
乾燥肌の予防や免疫力向上、アンチエイジングにも効果がある栄養です。

ケールには牛乳の2倍以上のカルシウムを含んでいます。
カルシウムは骨や歯の形成、その他体の構成要素となり、体の生理機能を安定させる働きをします。
イライラを鎮めたり、動脈硬化、高血圧の予防もしてくれるとても重要な人体の中で最も多いミネラルです。

カリウムも豊富に含んでいます。
カリウムは心臓や筋肉の機能を調節する為に必要な栄養素で夏バテやむくみの解消にも効果があります。

ケールに含まれる葉緑素はクロロフィルとも呼ばれる天然色素で、体内に入ると赤血球や筋肉の色素に変わります。
また、カドミウムやダイオキシン、鉛などの有害物質や血管内のコレステロールを吸着して体外に排出してくれる働きがあり、解毒作用にも注目されています。

ケールに含まれるGABAは天然アミノ酸で高い抗ストレス作用のある栄養素です。
脳や脊髄で働いて、興奮や緊張を鎮めてリラックスを促す作用があります。

ケールは水溶性と不溶性の2種類の食物繊維が含まれています。
食物繊維には腸を整えて便通を促す作用に炭水化物の吸収を穏やかにして血糖値をコントロールする作用や、余分なコレステロールや脂質を体外へ排出する働きがあります。また、最近注目されている腸内細菌の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす効果も期待できます。

ケールに含まれる葉酸にはビタミンB1と共に赤血球を作る働きや、細胞を再生する働きがあります。
さらにホルモンバランスを整えてくれる栄養素の為、女性には嬉しい効果が期待出来ます。また、胎児の健康な成長にも必要不可欠な栄養素の為、妊産婦は特に取りたい栄養素です。

ケールにはビタミンC、ビタミンE、タンパク質が含まれています。
抗酸化力があり老化防止に効果があるビタミン類で、メラニンの生成を抑えるビタミンC、血行を良くするビタミンE、さらにビタミンCと共にコラーゲンの生成に利用されるタンパク質を総合的に取れます。
肌の新陳代謝を活発化し、正常な肌の生まれ変わりを促進する事が出来ます。

ケールにはルテイン、メラトニンが含まれています。
豊富に含まれているルテインは紫外線等のダメージから目を守る作用があります。
また、抗酸化力も高いため、アンチエイジングにも効果があります。
メラトニンは神経ホルモンの一種で、睡眠ホルモンとも呼ばれます。
そのため、不眠症や時差ボケだけでなく、睡眠の質を向上させる効果が期待出来ます。


いつ飲むのが効果的か

一番よいタイミングは朝一番に飲む事です。
朝食を食べる場合は青汁を飲んでから30分くらい時間をあけると良いです。
青汁は薬ではなく野菜ですので、食事と同時に飲んでいただいても、のどが渇いた時に飲んでも、寝る前に飲んでいただいても大丈夫です。
ひどい便秘の方や肌荒れで早く効果を実感したい方は朝昼晩と1袋ずつ、毎日3袋飲んでいただくと分かりやすいです。

はじめて青汁をお飲みになる方や青汁が飲みづらい方へ

最初は飲みにくく感じますが、その場合は乳製品・豆乳・ハチミツ・りんご・レモンなどをお好みで加えてください。

※青汁に、人参・りんごジュースを加える場合は、レモンなどを必ず加えてください。レモンを入れる事により、栄養素の破壊(ビタミンCなど)・変色(黒ずみ)を防止します。
市販されている濃縮還元などの100%ジュース(加工品)の場合は問題ありません。


冷凍青汁と粉末青汁の違いについて

冷凍青汁

ベルファームの青汁は無農薬ケールを収穫後すぐに搾汁して急速冷凍した青汁です。
粉末の青汁は保存が簡単で持ち運びも便利、味の調節も比較的簡単に出来るのでおいしいものが多いです。
しかし、乾燥の過程でどうしてもビタミン類等の栄養素が壊されてしまいます。
そのため、後付けで粉末の合成ビタミンを添加している商品が多くあります。
また、添加物も含んでしまいます。
だからベルファームは搾りたての状態の青汁を無添加でお客様へ届けるために冷凍を選びました。
輸血用の血液も採血後冷凍されて輸送され、使用前に解凍して使用しています。
その事からも分かるように、新鮮なままお届けする為には、現時点では冷凍保存が最適な選択です。

購入ページへ

冷凍パックの解凍方法

必ず、お飲みになる分だけ直前に解凍してください。
水の中につけて解凍するか、水道水(流水)で良く揉んでください。

★ 冬場、解凍しにくい場合の方法について

  1. ぬるま湯(35度前後)で約5分解凍する。
  2. 中心に氷が残る位で取り出し良くもんでお飲みください。

栄養価は損なわれませんのでご安心ください。
※電子レンジや熱湯での解凍はしないでください。

冷凍パックの解凍方法

1袋に対し、水20~30ccくらいを加えてかき混ぜると飲みやすくなります。
適量の水を加える事で、分離していた苦味の成分と栄養分が程よく融合し苦味が和らぎます。
水を加えても、栄養成分は変わりません。



購入ページへ