加工(工場)について

加工(工場)について

加工についての優位性と差別化

農場と工場の併設
農場と工場の併設

野菜は、収穫してから時間と共に栄養価が落ちていきます。より良い青汁を作るためには収穫してから如何に早く搾るかが重要です。栄養保持・鮮度維持のためベルファームは、畑の隣に工場を建てました。一般的な青汁の加工業者は農家に委託し原料の野菜を輸送してもらっているので、時間と共に栄養価が下がっています。ベルファームの製造工程は、最短2時間。「すぐ採って→すぐ加工して→すぐ冷凍」野菜本来の栄養破壊を最小限にしています。

丁寧な洗浄
丁寧な洗浄

丁寧な洗浄をするための長い洗浄ラインがあります。農薬不使用で農薬がかかっていなくても、収穫時に泥が付着しています。これらをきちんと落とすために工場では、人の手による洗浄も含め、4段階の洗浄工程を実施します。その4段階の工程では、ジェット水流や高圧水で洗い、水流や水圧で傷んでる葉っぱの部分や弱い葉っぱが落ちる仕組みになっています。洗浄後、特許製法で搾り、パッケージに注入し、冷凍します。

特許取得搾汁機
特許取得の搾汁機

オリジナル搾汁機は、発熱量の大きいミキサー(1分当たり5,000~10,000回転)とは違い、1分当たり数十回転の「特許搾汁機」で丁寧に搾っています。普通のミキサーで青汁をつくると天然のビタミンCの大部分が破壊されますが、ベルファームの特許取得の搾り機なら、わずか数パーセント程度しか破壊されず、天然のビタミンCを残せます。酵素や天然のビタミンC含め、全ての栄養価を保つため、冷凍し商品をお届けしています。

無添加
無添加

体に入った時にどのような影響があるか不明な食品添加物は一切使用致しません。また、保存料も使用しませんので、保管方法は冷凍になります。ベルファームの青汁やにんじんジュースは、無添加・すり搾り100%で生産されています。

冷凍
冷凍

冷凍にもこだわっています。実は、絞り過程で青汁を5度まで冷やしておきます。そうする事で、冷凍の効果が高まります。長年のノウハウを活かし各商品の特性に合わせた冷凍方法で、より生の原料に近い状態の風味を保っています。

手間を惜しまない加工工程

洗浄・搾汁・袋詰め・冷凍 すべてを最高品質に

ベルファームの加工工程のこだわりは、まだまだあります!

■洗浄工程のこだわり

・手洗いと人の目で品質確認
葉や茎の部分に付着したドロは手洗で一枚一枚洗浄
鳥が食べて傷んだ部分を目視でちぎる

・ジェット水流や高圧水で洗う
水流や水圧で傷んでる葉っぱの部分や弱い葉っぱが落ちる

■製造工程・袋詰めのこだわり

・付いた水を徹底的に落とします。
長いベルトコンベアの上で、徹底的に付着した水分を落とします。

・搾ったジュースを5℃以下まで冷やす
0度から-2度へ冷凍するまでの時間を短縮する事で、生野菜に近い状態で、風味が良く栄養価が高いジュースになります。

・実際に、茎かじって、青汁の味の出方確認し、搾り機を調整する(職人技)
今日の葉っぱの状態に合わせて、最高な状態で絞る。畑や野菜は生き物なので、毎日少しづつ味が変わるのが当たり前。

・毎日、製造現場全員で搾りたての味を確認する

・袋詰め
搾り立てを直ぐにパッケージに注入します。

加工(工場)のこだわりについても、感じ取って頂けたでしょうか?次は、お客様へ商品をお届けするための、販売(流通)へのこだわりをご紹介致します。

次は 「販売(流通)」について