野菜の王様の無農薬ケール生葉の通販・販売

文字サイズの変更
標準
フリーダイアル0120-361-366 土・日・祝日を除く9時~17時30分

野菜の王様:無農薬ケール生葉の通販・販売

ケール畑購入ページへ

ケールとは

元々は青汁の原料として、最近ではとても健康に良いスーパーフードとして有名なケールですが、原種はヨーロッパの地中海周辺が産地の野菜です。
ケールはキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜のもととなった野菜です。
生命力がとても強く、様々な栄養素を豊富に含んだ野菜です。
ベルファームではこのケールを無農薬無化学肥料で丹精込めて栽培しています。
世界のスーパーモデルやセレブが食事に取り入れるなど、日本でも生葉の需要が高まってきていて、ベルファーム通販ショップへのケール生葉の注文も増えて来ています。


ケールの栄養素

ケールに含まれる栄養素は、100g当たりβカロテン2700mg、ビタミンC 81mg、ビタミンK 210mg、カルシウム220mg、カリウム420mg、葉酸120μgと豊富に含まれています。
その他にも、タンパク質、食物繊維、各種ミネラルにビタミン類、メラトニンと各種栄養素をバランス良く含み、野菜の王様と呼ばれています。


ケール生葉の使い方・調理法

ケール1株

ケールは独特の香りと苦みをもつ野菜です。
年間で味が変わり、夏は苦く、冬は甘くなっていきますが、食物繊維が豊富で固い為美味しく食べる為には、工夫が必要です。
多くの方が、青汁やスムージーの原料として使用しています。
苦みの強い時期はリンゴやはちみつを入れる等して飲み易くしも良いです。
原産地のヨーロッパではロールキャベツに使用しているようです。
生では食べにくいケールも実は加熱すると甘みとコクが出てとても美味しくなります。
千切りにしてキャベツのかわりにお好み焼きに入れる、茎を一口大に切ってポトフやグラタンに入れる、毎日のお味噌汁の具に入れるなどキャベツやブロッコリーのかわりに使っていただけます。
また、ミキサーでペーストにしてシチューやたこ焼き、クレープの生地に混ぜると綺麗な緑色が出て栄養だけじゃなく、見た目にも良い料理になります。


ケール生葉の保存方法

ケールは他の葉野菜と同じように、とてもデリケートです。
届いたら、箱から出して野菜室に入れて保管して下さい。
可能であれば湿らせた新聞紙で包んだ状態でビニール袋に入れるとさらに良いです。
ただし、野菜は呼吸していますので袋は密閉しないようにして下さい。
野菜は収穫してから時間と共に栄養価が下がって行きます。
可能な限り早く消費するようにして下さい。
使いきれない分については、洗ってから使用用途によってカットしておき、袋で密閉して小分けにして冷凍保管しておくと日持ちがするため良いです。


ケール生葉の通販・販売について

ケール生葉は、ベルファームの農場で直売もしておりますが、本サイトの通販ショップでもお求めいただけます。

購入ページへ